読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きていく

面白おかしく楽しく過ごす。知りたいことはメモってく。

息子の学校のインターネット環境が自由すぎた件

#一時的にリンク等を外しました。
 
どーなっとんねん!っていう気持ちを落ち着かせ、今後必要なアクションを整理する為に書く。
(ちなみにメインブログは他サイトすが、はてなの方が知見が得られると考えて本日はこちらにも書きます)
 
息子の小学校はインターネットの活用に力を入れていて、高学年から日常的にiPadを使用する事になっている。うちの息子は来年度から使うことになる。
 
ちなみに校長先生は「一流の教育を」とかよく言ってるが、傍目にはIT企業にカモられてるように感じてしょうがない。
ICタグ導入して食堂をキャッシュレスにしたり、Googleとの法人契約で親の分のメールアカウントも付与したり。キャッシュレスになって、毎日ソフトクリームとか勝手に食いまくってる子いますけど、なんかいいことあるの? メールアドレスも、今時みんな持ってますけど?みたいな。
 
先日、「子供達のオンライン上の安全を守るために」という趣旨のワークショップがあり、出かけて行った。
個人的に聞きたかった事は以下2点。
  • フィルタリングがどうなっているか
および
  • インターネット上のリスクに関する学校の対応。たとえば

  1.個人情報を出しすぎないこと

  2.オンラインでしか知らない人には合わない事

  3.不適切な情報から遠ざけることについて

  4.ネットいじめ

上記は以前読んだ”インターネットの安全性”に関するサイトで定義されていたもの。

 
しかし、学校側のワークショップはもっと心構え的な事が多かった。
 
親が100%コントロールしたら反発するが、一方で分からないからと野放しにしてもいかんとか。
 
SNSについては良い面もあるけど、オンラインでの投稿はずっと残るから気を付けないとね。あとSNS漬けになるのも良くないよねとか。
(わざわざFacebook, Twitter, Instagram, Snapchat, Tumblrを1スライド1ページで紹介してた。)
 
オンラインセーフティについての家庭ルールの例、参考になる、オンラインゲームの安全性を評価しているサイトの紹介はあったものの、それで終わり。
 
うーん、もっとFacebookTwitterは子供に何歳からどういうルールでさせると良いとか、SNSについて授業での取り組みとか、Privacy Settingのマニュアル配るとか、
家でのセキュリティソフトはこれがフィルタリングあっても遅くなくて良いとか、
AdBlockの他に入れておくと良いものは何かとか、、なかった。
 
で、フィルタリングは・・と思っていたところ
途中でiPadが配られたので、試しにSafariで少々、思春期の男子が検索しそうなキーワードでイメージ検索してみた。
ら、出るわ出るわ・・・セーフティサーチもオフになっている。
 
説明要員のIT部門の兄ちゃんに、よからぬ画像でいっぱいのiPadを見せて、
「これってフィルタリングOFFになってるの?ONでこの状態?」
と聞いたら、
「えーと、(スクロールしながら)えーと、、、Wifiが遅いから設定が変わってるのかも、、チェックしてみる」
だと。
 

「子供達のオンライン上の安全を守るために」

 
・・・
って、今日のワークショップのタイトル、アメリカンジョークですか??
 
なーにが、「一流の教育」だ。ケッ
 
と思ったのだけど、これは親がしっかりしなければ!と思ったので良い機会だった。
学校側のフィルタリングやセキュリティ設定は今後の連絡を待つとして、
 
家でも
・オンラインでの危険性に関する教育
・家でのフィルタリングソフト検討・・
スマホ、LINE教育(いつ与えるかも)
・そして、性教育 
 
をしなければならない。
 
うーん、フィルタリングソフト選定が一番難しそう。重いし高いし。
 
IPA 情報処理推進機構の「これだけはやろう!セキュリティ対策」
 は、最低限の設定?ファミリー・セーフティーのセッティングはしてなかった。
 
・警視庁サイバーポリスのページ
キッズ、パソコンユーザ、管理者向けに情報があります。
ちょっと古い雰囲気ですが・・
 ”おうちの方や先生へ”あたりが初心者向けにいいかも。
 
勉強になります。
ここまで読んでくださってありがとうございます。

もしおすすめのフィルタリングソフト(重くないやつ)やアドオン、ルーターへのフィルタリング設定をご存じの方がいらっしゃれば、教えてください<m(__)m>

 

女の子のことなども反抗期になる前に、教えなきゃと思っているけど・・これも勉強しなきゃ。
まぁ中学生くらいになったら、フィルタリングを超えるスキルを身につけてくれ息子よ、
とは思ってはいる母です。
 
ではでは、このへんで。