読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きていく

面白おかしく楽しく過ごす。知りたいことはメモってく。

ストレスを意識するのをやめると、ストレスも減る~姑・小姑との10日間~

こんにちは。

 

だいぶ間が空いてしまいました。

サブタイトルが「僕らの7日間戦争(古)」みたいですが、別に嫁・姑問題について

小町的にぶちまける予定はありません。

 

離れて暮らす私たちのところに、旦那の母・姉とその子供が遊びに来て

10日ほど滞在していました。

 

決して仲は悪くないものの、やはり肉親とは違う気遣いがある訳で

来る前は正直気が重く、滞在中の小旅行のプランなども前向きになれずにいました。

到着してからも、自宅に泊めた為、リビングを含む全ての部屋に人が寝る事になり普段当たり前にある「一人になれる部屋」が無い!

という状況が辛く、自宅にも関わらず便秘になったり、体が多少緊張しているのが分かりました。

 

他、まぁ朝食や起床の時間が我家と異なる為、出来立てを食べさせてあげたい/さっさと片付けたいが皆のリズムが読めなかったり、

(こういうの、一人ひとりのリズムに合わせてその都度野菜やフルーツを切ったり、都度コーヒーをたてたり出来る人は偉いと思う。私は朝まとめて切って冷蔵庫に入れておくタイプだが、そうすると果物の色が悪くなったりするのが気になる。)

 

観光のプランを立てるにも義母と義姉が違うことを言い折り合わない時があって黙りこまれ困ったりと

書いていくとどんどん出て来ますが

途中で「あっ、私ストレスに注目してるわ。」と気づき、目につく事を考えるのをやめると、スッと楽になりました。

これは、以前カウンセリングを受けたり、関連する心理学の本を読んだりしてある程度

「思考のクセ」をコントロールできるようになったのですが、こんな考え方です。

 

思考のクセ

人には「思考のクセ」がある。自分の怒りスイッチ、ストレススイッチには傾向があって、相手のせいではなく、特定の相手や事象に反応しやすい。

(被害者意識ともいう)

 

・「思考のクセ」は「偏見の色眼鏡」ともいえる。自分で、物事を悪い方向に取るメガネをわざわざかけている。メガネを外せば、ストレスは消え事実だけが残る。また、良い事に注目するメガネを掛ければ被害妄想は無くなる。

(例)

夫が妻の浮気を疑っているとする。あるとき妻が友達と出かけ、お土産にワインを買ってきてくれた。夫はラベルを見て

「いつもスーパーで買う、普段飲みの1000円程度のワインと同じメーカーだ。こんな安い土産か

と思ったとする。その後飲んでみると、思ったより美味しい。同じメーカーだが値段を見ると5000円だった。すると夫は

こんな高いワインを土産に買うなんて、やはり後ろめたいことがあるに違いない。こんな事でごまかそうとしている」

と考える。

=>事実は、妻が5000円のワインを買ってきただけ。

 

ストレスを意識しないように私が工夫したこと:相手の長所を意識する

滞在中は上に書いたようなストレスがちょいちょいあったわけですが、一方で義姉は

子供とふざけて遊ぶのがとても上手でした。「場を楽しくする人」なのです。

他にも、洗い物や洗濯物畳みをスッとやってくれたりして、「やっぱり主婦は気遣う点が分かってるわ。。夫と全然動きが違う(<=一言余計)」と思ったり。

相手の長所を意識すると、嫌な気持ちはそれほど持続しませんでした。

 

朝食の用意等も、結局自分で朝一番にさっさと野菜や果物を切ってしまって冷蔵庫に入れておきました。そうしておけば、都度用意するのはそれほど手間にはなりませんし、相手が朝食を食べたくなるまで台所で今か今かと気を揉む必要もありません。

相手も自分のペースで食事することが出来ました。

 

これが同居になったら、「おもてなし」ではなく「完全な身内」になるわけだし、期間限定ではなく、長期にわたって他人とのペースを作っていく必要があるわけで、まぁ同居の方には頭が下がりますが・・・

 

この、「ストレスを意識させている、偏見の色眼鏡を外す」は、お勧めです。ちょっと意識してみるだけで、けっこう物の見え方が変わるかも?