楽しく生きていく

面白おかしく楽しく過ごす。知りたいことはメモってく。

兄が大切にしているiPadを弟に貸したがらず、泣く。

 7月に購入したiPad

長男が小学校の授業で使うので購入したが、 うちにはタブレット端末が無い為、

「家族のものだから。お父さんもお母さんも使うから」

マインクラフトのアプリを入れたいという願いも、

「OKだけど、弟(幼稚園児)にも貸すこと」 と約束させた。

 

とはいえ9月から学校に毎日持って行き、セットアップし(基礎的なセットアップは親がすませたが、学校でも追加で行う)、 家ではマメに充電し、画面を拭き、とても大事にしている。あきらかに「自分の大切な物」扱いである。

 

マインクラフトは、当然下の子もやりたがった。うちはゲーム機をTVゲームも携帯ゲームも与えていないので ノートPCを除いて、唯一のゲーム機である。

一方この半年で、兄弟間で

「俺の物を勝手に触るな」「〇〇が勝手にオレのものを使った/読んだ」といった喧嘩は増えていた。 iPadに関しても、日に日に兄の弟に対する監視の目が厳しくなり、

弟「iPad使っていい?」

兄「お前いっつも俺のもので遊ぶ。自分のもので遊べよ!」

私(母)「いいやん、貸してあげなさいよ。それに家族のものでしょう」

=>「わかッたよ!」とイヤイヤ貸す、という日が続いていた。

 

また、うちではiPadのゲームは30分と決めてキッチンタイマーをセットしているのだが、それも 弟が使うのに兄がセットしたり、30分経過し「ピピピピ」と鳴り出した途端に兄がバッ!とiPadを取り上げたりすることが多く、 私は兄に

「管理するのはあんたではなくお母さんだ」と注意していた。

 

最近、兄の貸したくない態度はひどくなり、イヤイヤながらも「貸す」と許可するまでにごねてばかり。 今日弟が「貸して」と言った時も、兄は

「お前自分のおもちゃで遊べよ!」と嫌な顔をして漫画を読み続けるので 、私が

「いいでしょ?貸すよ」と弟に渡すと、珍しく 兄は泣きだした。

 

 

「いいっていってないのに、貸さないで!」

泣くのにびっくりして 頭を撫でようとしても、怒りのせいか振り払ってくる。(普段からもう甘えてひっついてくることは少ないが)

 

最近、兄の心にちゃんと向き合ってなかったかも、と一旦弟を待たせて話を聞いた。

・そうか、断りなく弟に貸したのが嫌だったんだね。

=>(泣きながら頷く)

 

・でも、そもそも、貸すのが嫌なんだよね。 俺ばっかり貸してるって思ってるんだよね。 家族のものだけど、すごく大事にしてるもんね。

自分の大事なものを貸したくないって気持ちが強いんだよね。

=>頷く。 「そりゃ大事だよ、壊れたら困る、学校で毎日使うものだから」と

 

・でも家族のものだよね?・・って気持ちの上では納得してないんだよね。

お母さんもお姉ちゃんに漫画を貸したくないとか、勝手に物を触られたくないとか 中学でもやってたから、すごく分かるよ。

でも、うちは、ゲームの為に高いiPadをもう1台買おうとは思わないし 、1台をみんなで使うしかないの。○○はいつも弟にiPadを貸してるのに、弟がおもちゃや本を貸してくれないとか、 その時にお母さんが不公平な対応をしたら、それはその場でお母さんに言って欲しい。

=>弟のおもちゃなんか興味ないし (まぁそうだよね・・・)

 

iPadについては、どうしたら○○が貸せる気持ちになると思う?どういうルールにしたらいい?

=>(しばらく考えて) 「・・普段は俺もマインクラフトを使わない。友達と遊んだり、食事に行ったり、旅行に行ったりするときだけ マインクラフトを二人とも使っていいことにする」 という。

 

・そんな、二人とも使うのを我慢するような、使わせたくないからオレも使わない みたいなのは 楽しくない。お母さんはマインクラフトもiPadもせっかくあるんだから楽しく使えば良いと思う。 (そもそも友達が来てプレイするのは兄だけなのでそれも不公平だが)

 

・・結局兄の口からは解決策が出ず、話している30分の間に弟は寝そうになっていったので 「貸していい?」というと「・・・・・・・わかったよ」と渋々了承。

 

兄を納得させるにはどうしたら良いのだろう。

 

そもそも「家族のもの」というルールを頭では認めているものの、心理上は「俺の大切なもの」となっている。ルールの押し付けだけじゃなく、兄の心理についても色々考えていた。

 

私も二人姉妹の妹として育ち、常に姉と物の取り合い、自分の物を貸さない の喧嘩ばかりだった。 同性の兄弟だとどこの家庭でも良くある話かもしれないが、私は特に 「お姉ちゃんばっかり、ずるい!」 「不公平だ!」 と、公平さを求める、損した、自分ばっかり、やられたらやり返す という価値観で育ったような気がする。 姉もおそらくそうだ。

そのせいか、姉の子供も、うちの子供も、兄弟間で

・「自分が相手よりも得をしたい」

・「公平に食べ物/物を与えられないとすぐ喧嘩になる」

・「相手が憎たらしくてしょうがない」 といった心理が、年を追うごとに強くなっているような気がする。

 

子は親の鏡。

親の価値観や言動は、3Dプリンタのように、子供にコピーされている。 まるで私の子供時代だ。ということは、私の心理状態や精神状態も、同じようなのではないか。

 

子供の頃の、自分の邪魔をしてくる存在は、姉。

現在の、自分の邪魔をしてくる存在は、夫。

 

いつになっても、身近な人間に、被害者意識を持ってイライラしていないか。

「思考は現実化する」ではないが、結局自分のストレス源や被害者意識が行動に現れ、 それが子供にも反映されてはいないか。 「子供のために、夫を許そう」という思考回路は自分に無理をしているのでやらないが、 合理的に考えて自分の被害者意識を無くしたほうが、子供にも反映されていくのではないか。

また、母親の愛情 という面で。 最近あれこれと勉強を見る時間は増えたが 「一緒に遊ぶ」 「話をじっくり聞く」 といった、「心を使う」といったことをあまり出来ていなかったような気がする。

弟はまだ寝かしつけをするし、「ぎゅーして」と抱っこもするし手もつなぐが、 兄は弟が生まれてからあまり抱っこしなくなり、自然に離れて行った。小1くらいから手もつないでくれなくなった。 折にふれ、ぎゅーしようか!とかスキンシップを試みるが、「キモい!」と逃げ、 機嫌がよい時はふざけて殴ってくる。 年齢の割にスキンシップが少なく、また弟とのスキンシップの差が気になっている。

 

他。 最近、長男にとってストレスが溜まる要素もいくつかあった。塾に通い始めたり、英語塾を変わったり、秋の英検・漢検に向け問題集を週1レベルだがやるようになったり。 また、最近天候が悪く、ただでさえ外で友達と自由に遊べないのに、土日もあまり体を動かし発散させられない日が続いていた。 ごくたまに弟が寝落ちした時に将棋の相手をしたり、 週末に一緒にジョギングをしたり、はしているのだが。

話を聞いてあげる時間がもう少し必要なのかなー。